自分の口臭がいつもと違う・・・なんて時はありませんか?
もしかしたらその口臭は病気のサインかもしれません!

今回は口臭の原因と考えられる病気をご紹介をします。

そもそも口臭の原因ってなんだろう?

においや刺激の強い食べ物を食べたなどの食べ物が原因の口臭。
あとアルコールタバコも匂いの直接的な原因にもなりますね。

他に考えられる原因は、唾液の分泌が少ないことです。
唾液には口の中を綺麗にする役割があり、唾液が少ないと口に細菌が増殖してしまい口臭の原因となってしまいます。夜寝ている間は唾液の分泌が少なるので、朝起きたときの口臭の理由もこちらです。

また、歯周病や虫歯などの菌がニオイの原因になる場合があります。

口臭の原因の約9割はこのように口内にありますが、肺炎や気管支炎などの呼吸器系の病気など体に原因がある場合があるので注意してください。

腐ったようなニオイ

腐ったような口臭がする場合は胃腸系の病気の可能性があります。
消化不良が原因で引き起る場合もあるのですが、胃腸炎や胃潰瘍などの病気が原因の場合があります。

アンモニア臭

アンモニア臭の口臭は肝機能の低下で起こります。
腎不全や肝硬変などの病気を引き起こしている可能性があります。

甘酸っぱいニオイ

アセトン臭という甘酸っぱいニオイの口臭がする場合は糖尿病が疑われます。
過度なダイエットでも発生する場合がるので、ダイエットしてる方でこの口臭が発生したらダイエットを控えましょう。

おかしい!と感じたら医療機関へ

口臭がいつもと違うと感じたり、口臭が治まらないということがあれば医療機関へ掛かってみましょう。

医療機関にはガスクロマトグラフィーという検査があります。
これは機械で口の中のニオイ成分を数値化して調べる検査方法です。
3種類のガスを分析するのですが、内臓疾患が原因であればジメチルスルフィドというガスが発生します。
1つでも基準値を超えたガスがあれば口臭ありと判定されます。
3種類のガスが基準値を超えなくても、それ以外のガスが口臭の原因となる場合があるので官能試験という医師が直接ニオイを嗅ぐ検査を行ってくれます。

たかが口臭と思っていても病気が原因で可能性もあるので1度病院で検査することおススメします。

おすすめの記事