みなさん口臭のケアってどうしていますか?

口臭の悩みって人にはなかなか相談しにくいものですよね…。

実は口臭には種類があり、それぞれ原因も異なります。
今回は口臭の種類と原因、その対策法をご紹介します。

口臭には実は5つの種類がある!

実は口臭には大きく分けて5つの種類があり、それぞれ原因が違うってことをご存知でしょうか?
どの様な種類があるのかご紹介します。

生理的口臭

生理的口臭は健康な人でも誰にでもある口臭です。これは起床直後、空腹直後、緊張時などに起こります。
原因は、唾液の分泌量が減少し、細菌が増殖して口臭の原因物質であるVSCがたくさん作られるためです。
また女性の月経時・妊娠時などのホルモンバランスの変化に伴う口臭や、それぞれの年代固有の臭気、民族的な口臭もあります。

対処法:歯磨きをしたり洗口液で口の中を清潔にして、細菌やVSCを減少させたり、食事や水分を取ることで唾液量を増やすと急激に口臭が弱まります。生活習慣を改善することでよくなるので、特に治療などは必要ありません。

飲食物・嗜好品などによる外的要因の口臭

ニンニクやネギ類、アルコールやタバコなどによる口臭です。この口臭は飲食物・嗜好品に含まれる成分が原因となり、一時的なものなので長くても1日程度で自然に臭いは消えていきます。

対処法:自然に臭いは消えていきますが、すぐに対処したいという場合は口臭サプリメントを利用するといいでしょう。その他、特にニンニクが原因の口臭であれば、牛乳を飲むことが効果的です。牛乳に含まれている脂質がニンニクの臭いの原因となるアリインを包み込み腸による吸収を阻害します。この効果を得るには、食事中もしくは食後1時間以内が最も効果的だと言われています。他にも、ハーブティーも食事による口臭対策としてオススメです。

病的口臭

鼻やのど、呼吸器系、消化器系、糖尿病、肝臓などの病気が原因で口臭が起こる場合もあります。しかし病的口臭の約9割は口のなかに原因があり、虫歯や歯周病、歯垢や歯石、舌苔などが原因に挙げられます。

対処法:病的口臭の場合は病院にに掛かり、検査を行いましょう。

ストレスによる口臭

ストレスや緊張状態が続くと副交感神経の動きが低下するので唾液の分泌量が少なくなり、口が乾くことによって細菌が増殖し、口臭が起こります。

対処法:ストレスを和らげるために、リラックスをすることが大事なので、体を少し動かしてみたり、音楽を聴いたりなどリフレッシュをしてみましょう。

心理的口臭

自分自身で強い臭いがあると思い込んで日常生活に支障をきたしてしまう人が10人に1人くらいの割合でいます。

対処法:心理的口臭は、本人が口臭の原因を理解することが大事です。病院で詳しく検査ができるので、病院へ一度かかってみることをオススメします。

口臭が気になったら

ご紹介したように口臭には様々な原因があるので、それぞれ対処法も変わってきます。
まずは自分の原因を知ることが解決策に繋がります。

また、自分ではなかなか口臭を自覚することができないので、市販で口臭チェッカーというものが1500円~4500円程で販売されており、5段階で自分の口臭の強さを知ることができます。
自分の口臭に異変を感じる方は、病院で詳しく検査することができるので、一度病院へ掛かってみて自分の口臭の原因を知ることが大切です。

おすすめの記事