胃や内臓などが原因で口臭が発生するのを知っていますか?
口臭の原因は様々ですが、病気による口臭もあります。

 

口臭が起きる胃の病気は「胃炎」「十二指腸潰瘍」「逆流性食道炎」です。
これらの病気や予防についてご紹介します!

胃炎

胃炎は、胃の内壁をおおう粘膜に炎症が起こることにより発生する病気です。
胃炎になると胃酸が出にくくなり、これによって消化不良を起こします。

 

そうなると、本来腸で行われるはずの発酵が胃で行われます
この時に発酵臭が発生し、その臭いが肺に入り呼吸時に排出されることで口臭に繋がります

 

この口臭は、「腐った卵のような鼻につくような嫌な臭いです。

 

予防方法は↓

 

ストレスや暴飲暴食によって胃炎になる場合が多いです。
ですので日常生活の改善を心がけることが一番の予防策です。

十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)

十二指腸潰瘍は、十二指腸の入り口である球部の壁が傷つくことによって発生する病気です。
十二指腸潰瘍になると、消化不良を起こしやすくなります。

 

これにより、胃炎と同様に消化不良を起こし発酵してしまいます。
この発酵臭が血液中に吸収され、血管を通して全身に回ります。

 

この口臭も胃炎と同様で「腐った卵」の臭いです。
また、胃炎との違いは口臭だけでなく吐き気胸やけゲップなどといった自覚症状が起こります。

 

予防方法は↓

 

ストレスを解消することです。
ストレスを感じることにより消化器官の流れが悪くなり、十二指腸の粘膜を傷つけます。
また、カフェインや香辛料の過剰摂取にも注意が必要です。

逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)

逆流性食道炎は、胃液が食堂に逆流することによって発生する病気です。
胃液は、強い酸を含んでおり逆流することによって食道の粘膜を刺激し、炎症を引き起こします。

 

この口臭は、「ツンと刺激をするような臭い」です。
また、逆流性食道炎は胃の臭いがそのまま口に流れてくる状態なので胃の臭いと酸っぱい臭いが混ざりかなりきつい口臭になります。

 

予防方法は↓

 

ストレスと胃に負担をかける食生活を控えてください。
また、暴飲暴食や消化の悪いもの、食べてすぐに寝転ぶなども注意です。
日常生活の改善とストレス解消が予防になります。

おすすめの記事